背中ニキビが痛いししこりがある!それ実は、ニキビじゃないかも…?

黒ニキビ、赤ニキビ、膿ニキビの他に、しこりのあるニキビが出来たことがはありませんか?

 

ニキビの症状には全部で4つの段階があります。

 

しこりニキビはニキビの症状が悪化した最終段階にあたります。

 

【第一段階】微小面皰(びしょうめんぽう)

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まっている状態。
ニキビができる一歩手前ですが、肉眼では確認できないレベル。

 

【第二段階】面皰(めんぽう)

いわゆる白ニキビ、黒ニキビ。
皮脂が溜まり、毛穴が詰まった状態。小さな白い点のように盛り上がっているのが白ニキビ。
白ニキビの毛穴が開いて、皮脂が酸化し黒く見える状態。シミやホクロのように見えるのが黒ニキビ。
この時点でニキビ菌の繁殖がはじまっています。

 

【第三段階】丘疹(きゅうしん)膿疱(のうほう)

いわゆる赤ニキビ、黄(膿)ニキビ。
ニキビが増殖したことによって炎症を起こし、赤く腫れたものが赤ニキビ。
白ニキビがさらに炎症し、化膿。膿が見える状態のものが黄(膿)ニキビ。
ここでしっかりと治療をしてあげないと跡に残ってしまう可能性があります。

 

【第四段階】嚢腫(のうしゅ)・硬結(こうけつ)

いわゆるしこりニキビ。
赤ニキビ、黄ニキビを放置し悪化させてしまうと毛穴の周りに炎症が広がり、膿や血が溜まります。
そうしてニキビが腫れ上がった状態になり、痛みや硬いしこりを感じます。
赤ニキビ、黄(膿)ニキビよりも跡に残りやすく、ケロイド状になったり、クレーターのように跡が残る可能性もあります。

 

第三段階、第四段階まできてしまったものはセルフケアで治すことはなかなか難しいものです。

 

悪化してしまったニキビを発見した際は、出来る限り皮膚科に行って適切な治療を受けるようにしましょう。

 

大きなニキビとしこりに要注意!

上記でニキビの炎症4段階をあげましたが、大きなニキビの場合、粉瘤(ふんりゅう)というできものの可能性もあります。

 

粉瘤はニキビとよく似ているため、見分けにくいです。

 

見た目は似ていても症状はまったくの別物。治療法も異なるので粉瘤との違いを把握して早めの対処ができるようにしましょう。

 

粉瘤とは、皮膚の下に袋ができる腫瘍の総称です。

 

角質や皮脂は本来であれば皮膚から剥がれ落ちますが、剥がれずに袋の中に溜まってしまったものを粉瘤といいます。

 

背中ニキビとは違う粉瘤。その見分け方とは?

 

においを確認する

ニキビは基本的に悪臭などはしませんが、粉瘤は老廃物が袋の中にたまった状態のため悪臭を放ちます。
悪臭がする場合には粉瘤を疑いましょう。

 

大きさで判断する

ニキビは、どんなに炎症が悪化しても数ミリ程。
粉瘤はニキビと違い、数センチ〜数十センチとどんどん大きくなります。
大きさが普段見るにきびより大きいと感じたら粉瘤を疑いましょう。

 

黒い点の有無を確認する

粉瘤は真ん中に「開口部」と呼ばれる小さな黒い点が見られます。
「開口部」がわかりにくい場合もありますが、あきらかに見える場合は粉瘤を疑いましょう。
ただし、黒ニキビとの見分けがつけにくい為、他の2点と合わせて確認しましょう。

 

粉瘤はニキビと違い自身で治すことはできません。

 

感染している場合には、中の膿を取り出したり、腫瘍を袋ごと切除する手術が必要な場合もあります。

 

上記のいずれかが当てはまり、粉瘤の疑いがある場合は放置せずに皮膚科で適切な治療を受けましょう。

 

ニキビの場合は下記のページで背中ニキビの対策方法を紹介しているので、そちらを参考にして下さい。